ダンクブロートのパンは、おいしくてリーズナブル。売り切れに注意!

パン屋 bread
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダンクブロート dank brot

ダンクブロートは、大阪市鶴見区にあるパン屋さんです。

店名の意味は?
想像できなかったので、調べてみました。

ドイツ語で

パン ありがとう

なるほど、日本にあるパン屋さんでドイツ語を使っているのはちょっと珍しいので、わかりませんでした。

ドイツということになると、今回は買わなかったのですがハード系のパンも買ってみたいと思います。

ダンクブロートのコンセプト

笑顔になれるパン

素材や焼き加減にこだわっておいしいパンが作られています。

大人も子供も食べられるように幅広く用意されているので、誰もが好みのパンを見つけて笑顔になる。訪れる人たちの生活に欠かせないパン屋となることへの取り組みです。

店舗は、大阪市鶴見区の本店の他に、尼崎市に2号店があります。兵庫県というのは、なぜなのでしょうね。

ダンクブロート鶴見本店

鶴見本店は、鶴見区ではあるものの、鶴見緑地駅にあるのではなく、横堤駅にあります。

豊富なパンの種類

パンの種類は90とかなり多いです。
時間帯が遅かったために、もう全部のパンは並んでいなかったような気がします。

ダンクブロートパン

ダンクブロート鶴見

お菓子パンからお惣菜パン、食パン系も色々あります。

売り切れ次第閉店ということで、早めに行くことも必要です。
次々と、自転車に乗って来たお客さんが出入りしています。

ダンクブロートのお勧め

ロイヤルホイップ

生クリームを練り込んだ食パンです。
ソフトな食パンで、どちらかというとお子様向けかもしれません。大人はもう少し食べ応えがほしいですが、いい味をだしています。

栗のツイスト

甘いパンですが、大きな栗の味付けがしっかりしていています。
栗をつまんで食べたいほど、栗の存在がはっきりとわかるパンです。
このボリュームで170円は、かなり安い。

栗のツイスト

全般においしさとボリュームを考えると、ダンクブロートのパンはお値段が安めというところがうれしいです。

この辺りも、人気の秘訣なのでしょう。

ダンクブロート鶴見本店へのアクセス

場所は、大阪メトロ鶴見緑地線の横堤が最寄りの駅です。
鶴見通りに面していますが、店舗は小さいので見つけにくいかもしれません。

駅からすぐ、8時から営業しているので、出勤途中に買って行くことができます。

  最寄駅大阪メトロ鶴見緑地線横堤駅
営業時間8:00-20:00
休日日曜日
駐車場なし
イートインあり

コメント

タイトルとURLをコピーしました