洋食の『やろく』、名物たまごコロッケはお持ち帰り専門店でも買える

飲食店、レストラン restaurant
スポンサーリンク

やろく yaroku

やろくは、漢字で弥六

大阪市住吉区にある有名な洋食店です。
創業1935年の老舗であり、作家や文化人も訪れています。

メニューを味わう本店もあるのですが、今のところは食べるチャンスがなく、今回はお持ち帰り専門店を紹介します。

やろく名物 玉子コロッケ

やろくの名物は

玉子コロッケ

玉子コロッケというと、どんなイメージですか?

  • コロッケの中にゆで卵がドカンと入っている
  • 生地の中に玉子を使用している割合が多い

代表的なのは、この辺りでしょうか?

やろくの玉子コロッケは、どちらもはずれています。

この玉子コロッケは、じゃがいもを全く使っていないのです。

じゃあ、クリームコロッケ?

と思うかもしれませんが、クリームコロッケにはジャガイモが入っているものもあるし、入っていないものもあります。
味的にも、クリームコロッケという分類に入りません。

今では、玉子コロッケという日本的な商品名ですが、創業当時には

クロケットドゥーフ

というフランス語の名前だったということです。

玉子コロッケの材料は、

  • 玉子
  • ハム
  • 海老
  • 牛乳
  • バター

いかにもフランス料理的ですよね。
その時代からこの名前で、材料というのが驚きです。

お持ち帰り専門店やろく

お持ち帰り専門店は、本店のすぐ近くの南海本線高架下にあります。
本店よりもわかりやすい位置にあり、買って帰るには便利な場所です。

やろく持ち帰り専門店

今回購入したのは、玉子コロッケとスペシャルコロッケ

玉子コロッケは、中身がよくわかるこちらをご覧ください

やろく玉子コロッケ

やはり、どこにもない味
想像はできるけれど、実際に食べてみるとクリームコロッケとは全く違う独特の味です。
わずかにカレーの味も。

フランス料理の複雑な味つけではなく、どこか素朴なおいしさがあります。

海老1尾がまるごと入った

スペシャルコロッケ390円

やろくスペシャルコロッケ

値段的にも豪勢な感じですね。
コロッケ食べましたというのではなく、洋食食べました

というようなものでしょうか。

玉子コロッケを食べて思ったのは、コロッケ自体にほとんど味が付けられていません。
本店のメニューを見ても、ソースが添えられていますから、ソースで味わうものなのでしょう。

逆に言えば、お持ち帰りで購入したものは自分好みのソースで食べることができるというわけです。

コロッケだけではない、本店の洋食メニュー

次は、本店で食べることができたときにお伝えします。

やろくお持ち帰り専門店へのアクセス


場所は、南海本線、住吉大社が最寄りの駅です。

スーパー玉出を目印に進むと、高架下に店舗が見えてきます。
売り切れ次第終了となりますので、ご注意ください。

  最寄駅南海本線住吉大社駅
営業時間11:30-14:00 16:00-19:30
休日水曜日
駐車場なし
イートインやろく本店

コメント

タイトルとURLをコピーしました