大阪カテドラル聖マリア大聖堂(玉造カトリック教会)は、大阪教区の大聖堂

玉造カトリック教会教会 church
スポンサーリンク
スポンサーリンク

大阪カテドラル

カテドラルというのは大聖堂の意味ですが、簡単に言うと

一番大きな教会です

カトリック教会には、地域ごとに司教区というのがあり、その司教区で1番大きな教会。

それが大阪は、玉造というところにあり、玉造カトリック教会と呼ばれています。

玉造カトリック教会

玉造カトリック教会へのアクセス

大阪メトロ鶴見緑地線の玉造駅または、中央線の森ノ宮が最寄りの駅です。
JRなら、環状線の玉造駅、3つの駅からアクセスできます。

駐車場はありますが、日曜日のミサなどは結構いっぱいになる可能性があります。

付近は、学校や住宅地でそれほど高さのない建物は、見つけにくいかもしれません。

着物の聖母マリア

玉造教会の大きな特長、有名なところは、大聖堂の壁画です。

一般的に、宗教画のマリア様というのは洋服を着ていて、赤い服に青いものを羽織っています。ところが壁画のマリア様はなんと

着物を着ています。

大阪カテドラル聖マリア大聖堂

壁画を描いたのは、堂本印象画伯
日本の教会をいろいろ見てはいますが、このような和服のマリア様を見たことがありません。
カトリック国、スペインの友人は、興味深く何枚も写真を撮影していました。

その手前、左右の壁画も細川ガラシャと高山右近という、実に独特の世界を描き出しています。
海外からの観光客には、ぜひとも訪れてほしい必見の教会だと思います。

枢機卿

大阪教区は、大司教が治めているので、大阪大教区となります。

大阪教区の前田万葉大司教は、現在ただ1人の日本人枢機卿でもあります。
枢機卿は、ローマ教皇を決める選挙(コンクラーベ)の投票権があることで有名ですね。

前田大司教は、日曜のミサの司祭をすることもあります。
もしもそのミサに行きたいなら、2月の第一日曜日に可能性がありますが、確実というわけではありません。

着物のマリア様、ご覧になってみませんか。

  最寄駅大阪メトロ鶴見緑地線玉造駅
大阪メトロ中央線森ノ宮駅
JR環状線玉造駅
ミサの時間(日本語)土曜 18:30 他の言語は、確認して下さい
日曜 7:00  10:00 他
駐車場あり

コメント

タイトルとURLをコピーしました