isshinのわらび餅は、売り切れが早い!大人好みで口どけ絶品

isshin和菓子 Japanese sweets
スポンサーリンク
スポンサーリンク

isshin

isshin は、大阪市中央区にある和菓子屋さんであり、わらび餅専門店として有名です。

本来は様々な和菓子があるのですが、現在新型コロナの影響で

わらび餅(炊蓮)

のみしか販売しておらず、紹介もわらび餅のことだけになります。

isshin という店舗名について、様々な漢字をあてはめて想像していましたが、実際は店主の名前のようです。

一信

という名前を音読みしているのですね。
一度聞いたら覚えてしまうユニークな店舗名で、かつオシャレな感じがします。

わらび餅はすぐ完売

isshin の営業は午前11時からですが、開店当初からすぐに完売するといううわさになっていました。

当時の勤務先が近くにあって、よく買いに行く友達が

「終業後は絶対無理!昼休みに買いに行かなくてはならない」

と言っていたものです。

今回は、昼12時過ぎに行ってみました。

180g入りの、このサイズのみ販売しています。

isshin-わらび餅

わたしの番が終わったとき、店主が

「あと1箱です」

そして、”本日完売”となりました。
時間は、12時30分

この時間で完売となるようです。

わらび餅の特長

180g で680円

関西地区で一般に売られているわらび餅の価格ではありません。
この爪楊枝(付いているもの)は少々大きいのですが、それでも箱は小さいです。

180gは、ペロッと食べられます。

そういうお値段ですから、isshin のわらび餅は、大人のものです。
子供には価値がわからないと思いますし、食べても満足できる量ではないでしょう。

きなこに甘みはありません。
甘さは、わらび餅の黒糖からきています。

口に入れると、とろんとしてとけていく感じです。
ツルン、プルンという食感ではありません。

isshin和菓子

わらび餅の予約販売

すぐに完売となるわらび餅は、行列に並ばなくても買うことができます。ただし、前もって支払いをしなくてはなりません。

現在は1種類しか扱いがありませんが、写真のようにたくさんの種類があるので、いろいろ味わってみてください。

isshin へのアクセス

isshin は、大阪メトロ中央線または堺筋線の堺筋本町が最寄りの駅です。

わかりにくいところにありますが、中央区役所を目印にすると見つけやすいです。

  最寄駅大阪メトロ中央線堺筋本町駅
大阪メトロ堺筋線堺筋本町駅
営業時間11:00- 売り切れまで
休日日曜、月曜
イートインあり現在はなし
駐車場なし
WEB サイトhttps://www.instagram.com/suiren_isshin/?hl=jaインスタグラム

コメント

タイトルとURLをコピーしました