一本堂、食パンの種類は業界トップクラス。それぞれの違いもはっきり

一本堂食パンパン屋 bread
スポンサーリンク

一本堂 ippondo

一本堂は、大阪市都島区で創業した食パン専門店で、全国に店舗があります。

しかし、店舗一覧を見てみると、なぜかその都島店はなく、大阪市内には今回紹介する鶴見区の1軒しかありません。

すでに大阪には食パン専門店があったので避けたのか、または大阪での食パン需要が少ないと見込んだのかもしれませんね。

今は食パンブームではありますが、大阪人が食パン好きというのは少々疑問です。

一本堂のこだわり

一本堂の食パンは、いわゆるプレーンタイプが5種類あります。(季節限定その他を除く)

その5種類の個別化について、はっきりとわかるようになっています。
例えば、

  • バターを使用
  • マーガリンを使用
  • 国産小麦
  • カナダ産小麦

使用する素材が異なることで、食感や味が変化するのです。

一本堂の食パンは、はちみつ、たまご、イーストフードを使っておらず、これらにアレルギーを持つ子供も安心して食べられます。

一本堂鶴見緑地店

一本堂鶴見緑地店は、大阪市鶴見区にあります。
付近はこれといって他に商店があるわけではなく、住宅街にポツンとやってきました。

通りがかる人しか気づかないので、しばらくはお客さんが来なかっただろうと想像します。

営業を始めたときには、食パンの種類も1つか2つぐらいしかなくて、

やっていけるのかと、いらぬ心配をしたものです。

現在は食パン専門店の中では、トップクラスに種類が多く、土曜日限定のデザート系食パンもあります。
WEBサイトに掲載されているパンの種類が、どこの店舗にもあるというわけではなさそうなので、注意しましょう。

お勧め食パン

鶴見緑地店では、一本堂れーずんを1日2回焼いていますが、完売になるようです。
この日も1時間前に焼けたはずのれーずんは、完売していました。

一本堂種類

わたしはしっかりめの食感が好みなので、高密度食パンを購入しました。

わずかに甘みを感じる小麦と高密度と名付けられるしっかりしたボリューム。

一本堂高密度食パン

今回買うことができなかったれーずん、ワインに合うというチーズほうじ茶あんこをねらってみたいと考えています。

一本堂鶴見緑地店へのアクセス

場所は、大阪メトロ鶴見緑地線の今福鶴見が最寄りの駅です。鶴見緑地店という店舗名なので、鶴見緑駅と間違えないようにしてください。

住宅街にあり、店舗は小さいので見つけにくいかもしれません。

  最寄駅大阪メトロ鶴見緑地線今福鶴見駅
営業時間9:00-18:00
休日日曜、祝日
駐車場なし
イートインなし
WEB サイトhttps://shokupan-ippondo.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました