スコーンとマフィンのスイーツ店『15』、口コミで人気上昇中

スコーンとマフィンの店15未分類
スポンサーリンク

スコーンとマフィンの15 scone and muffin Jyugo

こんなところにお店?

スコーンとマフィンだけを販売している15は、大阪市鶴見区にあります。

えっ! こんなところにお店があるの?

というような、およそ店舗がありそうにない場所に、こじんまりしたお店がひっそりとあるので、見つけるのは至難の技です。

スコーンとマフィンの15店舗

15は、2020年の12月にプレオープン、そして2021年1月15日に正式オープンしました。

15というネーミングは、どこから来たのでしょう?

毎月15日はお菓子の日、ということから15にされたということです。

この目立たないお店に、口コミの人気でお客さんが次々やってきています。
その内容を探ってみましょうw

スコーンとマフィン15の店舗

というわけで、15の店舗はこんなふう

スコーンとマフィン15
営業日には、それなりにお店の案内が出ているのでわかりますが、営業していない日に場所を確認しておこうとしても、おそらく見つけられません。

最近、のぼり旗が登場しました。
見つけやすくなってますw

中には1組、2人ぐらい入れるだけ。
一般住宅のように見えますが、一応隣も店舗です(コロナで休業中)
2本の道路に面した前後が店舗で、真ん中は集合的な住居という変わった建築物なので、興味ある方は全体も見てください。

ショーウインドーの中にお菓子は並べられています。

15スイーツ

自由に手に取るのもいいですが、お店の人に取ってもらう方が衛生的にはいいですよね。

中に入れないということで、先客がある場合は外で待つことになります。
コロナのこともあるのでその方がいい感じ。暑くなってきたらちょっとしんどいかな。

車を横付けしているお客さんもいます。
なるほど、それなら季節には関係なさそう。

スコーンとマフィン

スコーンは5種類ほどが入れ替わり(?)

マフィンは14種類ほど

15商品種類

個別包装になっています。
お値段は、プレーンが100円で、その他は150円。

15マフィン

マフィンの大きさは、ミスタードーナツよりやや小さめ
その分、お値段も安い

スコーン15

スコーンは、結構大きめです。
ボリュームあるのがお好みなら、スコーンがおすすめ。
牛乳ではなく、豆乳を使用しているというのも人気の秘訣で、一般的なものよりしっとりして日本人好みと言えます。

個別包装なので手を汚さずに食べることも可能です。

本当は、おしゃれなお皿に置いて食べたいところですが、外で食べたり、職場でのおやつにするなら、手早く食べられるのが理想。
そんなときにもぴったりです。

実は、スコーンとマフィンの他にクッキーもあります。
ショーウインドーの写真にクッキー缶がありますが、あのかわいい缶を買うとクッキーが付いてくるとようなことになっています。
もちろん、クッキーとして100円での販売もありです。

ゴールデンウィーク中は、特別に営業している祝日もあります。
ぜひ、訪れてみてください。

15営業日カレンダー

スコーンとマフィンの15へのアクセス


場所は、大阪メトロ今里筋線、新森古市が最寄りの駅です。

お店を見つけるポイントは、24時間営業のマクドナルドです。マクドナルドの横を通って進むと15は見つかります。

  最寄駅大阪メトロ今里筋線新森古市駅
営業時間10:00-15:00 最近は16:00売り切れ終了
休日日曜、木曜、祝日
駐車場なし
イートインなし

コメント

タイトルとURLをコピーしました