販売する布の数は1,000超え、通販でも買える布の専門店ドシル

布のドシルその他の店
スポンサーリンク

布の店ドシル doshiru

大阪の有名な商店街『千林商店街』にある布のお店を紹介します。

千林商店街については、これまでにも2つほど書いてきました。

千林商店街は大阪の観光スポット!日用品から食料品までとにかく安い
千林商店街は、大阪市旭区にあって、有名な3大商店街の1つです。ファッションから食料品、日用品となんでも買うことができて、とにかく安い!歴史もあって大阪の観光スポットになっています。
昔ながらのコロッケや、千林のフライ専門店はアツアツのできたて
コロッケやは、大阪市旭区にあります。千林商店街に地下鉄千林大宮駅から入ると、近いところにあるフライ専門店。注文を受けてから揚げるので、アツアツのできたてを持って帰ることができます。コロッケだけでなくカツなどフライの種類もかなり豊富です。

何か布を使いたいとき、

「さて布を買いに行こう」

と考えて、行くところは決まっていますか?

手芸など、いろいろ作っている方は、こういうお店も利用していることでしょう

手芸材料なら日本紐釦、ボタン、布地、アクセサリーパーツが卸売価格
日本紐釦(にほんちゅーこー)は、大阪市中央区にある手芸用品の卸問屋です。業者だけでなく個人でも卸売価格で利用できるので、たくさんの人が利用しています。オリジナルアクセサリーやバッグなどを作るなら良いものが見つかりますよ。

でも、そうでない方はどこへ行ったらいいか困りますよね。

なんとなく歩いていると見つけたりするのに、いざ必要になったら

どこにあるかわからない

有名な千林商店街にも布の販売店は、たった1つだけなのです。それが

ドシル

ドシルの誕生

某サイトの口コミによると、同じ旭区にかなり大きな手芸と布のお店があったそうです。

ところが2006年に、多くの方に惜しまれつつ閉店となり、その布地を引き継いだのが
『ドシル』だということです。

店名について意味を調べてみましたが、アルファベット表記がないため、これといった決め手がありません。機会があれば聞いてみることにします。

ドシル千林商店街店

ドシルは、大阪市旭区の千林商店街にあります。

飼っていたハリネズミのために、厚めのタオル地を探していたのですが見つからず、商店街にある寝具のお店で布のドシルのことを教えてもらいました。

そのとき購入したのがこのフリース

ハリネズミ柄フリース

あいにくと、ほんの少々というハギレはないので、ここにあるように140x150センチという単位となりました。もはや使ってくれるハリネズミは他界してしまったのが残念ですが、かわいいので残りも利用したいと思っています。

ドシルのフリース布

ドシルは小さい店舗ながら、販売している量は1,000点を超えています。
所狭しと並んだ布・布・布

ドシルの布

その商品がどんどんと新しいものに替わるほど、売れているのです。

流行にとらわれないものもあるし、話題の鬼滅の刃などもありますよ。

大阪の商店って、大きい声で威勢よく、活気たっぷりの商売をしているように思えますが、ドシルは静かな店舗。お店の方は必要以外の会話もなく、たんたんとお客さんとのやりとりを進めていきます。

ちょっと大阪っぽくないところもありますが、千林の商店街そのものがあまり愛想がないので、意外に思うかもしれません。

ドシル通販店

実はこのドシル、千林商店街だけでなく通販のお店もあるのです。

サイトを見ると、阪神タイガース柄が球団公認となっていて、古いつながりだということがわかります。

千林商店街まで足を運ばなくても、交通費を払わなくても、ほしい布地をいつでも買える店として、チェックしておいてくださいね。

布の店ドシルへのアクセス


場所は、大阪メトロ谷町線、千林大宮が最寄りの駅です。

千林商店街は、結構な長さがあります。布の店ということで聞いてみてください。

  最寄駅大阪メトロ谷町線千林大宮駅
営業時間10:00-
休日水曜日
駐車場なし
WEB サイトhttp://nuno.shop-pro.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました