登録有形文化財、青山ビルは大正時代に個人の邸宅として建築された

青山ビル観光スポット tourist spot
スポンサーリンク
スポンサーリンク

登録有形文化財

登録有形文化財については、こちらでも引用しているとおり

登録有形文化財、船場ビルディングは大正ロマンが漂うレトロな建物
船場ビルディングは、大阪市中央区にある登録有形文化財です。大正時代に建築されたこの建物は、中庭が吹き抜けになっていて、周囲にオフィスの部屋があります。上から中庭を見渡せば、まるでヨーロッパのような異国情緒も感じられるレトロな景色です。

ウィキペディアによると

文化財保護法改正により創設された文化財登録制度に基づき、文化財登録原簿に登録された有形文化財のことである。

この各都道府県別の数を見ると、なんと

大阪府が1位 747件

その中の1つ、青山ビル を紹介します。

青山ビル aoyama building

青山ビルは、大阪市中央区にあるビルです。

タイトル画像に入れてあるものは、枯れ草のような色をしていますが、緑が青々としているときもあり全く別の顔を見せてくれます。

このビル全体に絡まっている蔦を見て、思い浮かぶのは

甲子園球場

青山ビルの蔦は、甲子園球場から株分けしてもらったものなのです。

青山ビルの内装

外観からは、蔦が絡まっていることを除けば、オフィスビルに見えます。

ですが、このビルに入るとすぐに、商業ビルではないということに気づきます。

青山ビルという名前になる前、大正10年に建築されたときは、野田氏の私邸。個人の家だったわけですから、あちこちにその名残が見られます。

たとえば手洗い場のような、簡易キッチンが通路にあるなど、住居として利用されたことがわかるのですが、廃止された部分、立ち入ることができない部分もあります。

逆に考えれば、住居だった場所が今ではテナントが入る商業ビルになっている、それほど大きな建築物であったということに驚かされます。

青山ビルは、大正時代に建てられたスパニッシュ風建築ということですが、ステンドグラスはイタリア製です。

青山ビル階段

こちらの階段は、使用するには急な螺旋階段ですが、独特の空間を演出しているので、後日写真をアップしたいと考えています。

青山ビルのテナント

青山ビルには様々な種類のテナントが入居しています。

ビルの中は複雑に入り組んでいるので、テナントのスペースも同じではなく、それぞれの入居者がうまく利用している様子がわかります。

  • 飲食店
  • 画廊
  • 雑貨

ここでなければ巡り合えないような商品があるので、足を運んでみてください。

青山ビルへのアクセス

場所は、大阪メトロ堺筋線の北浜が最寄りの駅です。

堺筋から1本入ったところにビルがあり、目印は外壁の蔦です。

一般の見学、撮影は、事前に連絡が必要です。
最寄駅大阪メトロ御堂筋線北浜駅
見学時間※事前連絡
休館日なし
WEB サイトhttp://www.aoyama-bld-osaka.co.jp/index.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました